町議会議員選挙

八百津町議会議員選挙 開票結果速報2019 立候補者と当選者・情勢予想を調査

こちらの記事では任期満了に伴う2019年8月25日投開票岐阜県八百津町議会議員選挙(八百津町議選)の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

八百津町町議会議員選挙2019の立候補者名簿一覧当選者・落選者、そして選挙情勢や当選予想についても網羅していきますのでご確認ください。

八百津町町議会議員選挙|2019年の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

八百津町町議会議員選挙2019の開票速報及び開票結果は自治体の選挙管理委員会やNHKなどの報道メディアからの出口調査・開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

また開票は即日開票となります。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち吉村 敦男65無所属農業
開票待ち館林 久宜58無所属農林業
開票待ち後藤 一夫71無所属名古屋市教育スポーツ
協会中小田井トワイライト
スクール専門員
開票待ち加藤 良治50無所属NPO法人理事
開票待ち赤塚 孝博59無所属会社員(製造業)
開票待ち後藤 香代里52無所属翻訳・通訳業
開票待ち山田 勉83無所属無職
開票待ち神谷 一久63無所属自営業(部品製造)
開票待ち林 俊宏63無所属生花販売
開票待ち三宅 和行77共産無職
開票待ち安藤 峰行68無所属無職
開票待ち長谷川 泰幸53無所属建具業








八百津町町議会議員選挙2019の立候補者名簿一覧と情勢

こちらでは八百津町議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。まず立候補者一覧です。

氏名年齢党派新旧主な肩書き
吉村 敦男65無所属農業
館林 久宜58無所属農林業
後藤 一夫71無所属スクール専門員
加藤 良治50無所属NPO法人理事
赤塚 孝博59無所属会社員(製造業)
後藤 香代里52無所属翻訳・通訳業
山田 勉83無所属無職
神谷 一久63無所属自営業(部品製造)
林 俊宏63無所属生花販売
三宅 和行77共産無職
安藤 峰行68無所属無職
長谷川 泰幸53無所属建具業

今回の八百津町議選は、定員10に対して立候補者は12名。前回の2015年から定数の変更はありません。立候補者は2015年には11名、2011年には12名の届け出がありました(2011年の定数も10)。

 

次に立候補者を分析してみます。現職7新人5元職0人です。全体の平均年齢は63.5歳とやや高めの印象を受けます。立候補者世代別人数を見てみます。

年代人数
30代0
40代0
50代5
60代4
70代2
80代1

50代が最多の5人立候補で最年少は50歳、最年長は83歳です。30代と40代の立候補者がいませんでした。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派人数
共産党1
無所属11

2015年も今回と同じく共産党が1人擁立した以外は無所属での立候補でした。

 

八百津町の町議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2015年、2011年について算出してみました。

2015年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人75271
現職550100
2011年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人21150
現職880100
元職110100

2015年、2011年ともに現職は全員当選しています。今回は現職7人に対し新人が5人立候補しており、現職が新人の勢いに負けず議席を守ることができるか注目です。

 

投票率は2015年が68.52%、2011年は75.25%といずれも高い数字を記録しています。

 

2015年の最下位当選の得票数は263票、2011年は465票でした。2011年と同じく今回は2人が落選するため、再び激しい選挙戦になり、投票率の推移を加味すると380票前後がボーダーラインではないかと想定します。

参考:2015年の八百津町議会議員選挙の開票結果

結果得票数氏名党派
1038館林 久宜無所属
973長谷川 泰幸無所属
956加藤 良治無所属
799柘植 清貴無所属
784林 俊宏無所属
640三宅 和行共産
403山田 勉無所属
362黒岩 千泰無所属
301河村 憲良無所属
263吉村 敦男無所属
150木原 康成無所属








岐阜県八百津町の特徴や抱える課題

八百津町の特徴

八百津町は岐阜県の東南部に位置しています。東は恵那市、西は美濃加茂市と可児市、川辺町、南は瑞浪市と御嵩町、北は白川町と七宗町に接しています。岐阜県の県庁所在地である岐阜市からは約40km、東海地方の中心である名古屋市からは約45kmの距離です。

町の北側に飛騨川、南には木曽川が流れる二つの川に挟まれた集落で、町の西部は海抜120m前後の河岸段丘に沿って住宅と農地が広がり、東部には海抜500mから600mの高原に集落が広がっています。

1899年7月に細目村が町政施工し、八百津町が誕生しました。その後近隣の村と合併を繰り返し、1956年9月の合併を最後に現在の八百津町となっています。町域は東西19.8km、南北11.2kmにおよび、総面積は128.79k㎡を有しています。

町の特産品としては海抜700mの潮南高原で採れる松茸や山菜、木曽川で獲れる鮎などがあります。町内の山のいたるところに栗林があり、収穫される栗を原料とした栗きんとんが有名です。また、戦前からせんべいが町内で生産されており、八百津せんべいとして素朴な味、優しい舌触りが好評です。

交通ネットワークは町内に鉄道は通っていません。2001年まで名鉄八百津線の八百津駅と中野駅の2駅が町内にありましたが、路線自体が廃線になっています。

現在の最寄り駅は可児市にある名鉄広見線の明智駅、美濃加茂市にあるJR高山本線の古井駅、同じくJR高山本線の川辺町の中川辺駅となっています。名鉄八百津線の代替として町が東濃鉄道に運行を委託しているYAOバス、コミュニティバス802が中心的役割を果たしています。

第二次世界大戦中にリトアニア日本領事館領事代理として、ユダヤ系避難民にビザを支給して亡命を手助けした杉原千畝ゆかりの地として知られており、町内には人道的功績を称える人道の丘公園・杉原千畝記念館があります。毎年命日の7月31日を含んだ一週間を杉原ウィークと称して様々な平和人道イベントを開催しています。

八百津町の課題

八百津町では全国の他の自治体と同じく、人口減少と少子高齢化という大きな課題を抱えています。1980年からの30年間で5年ごとの人口減少率は3.67%、2005年から2010年までの5年間では6.88%と減少率が大きくなっています。

また、年齢層構成比を見ると年少人口は30年間で20.9%から11.6%と8.3ポイントも低下しており、2014年の日本創成会議では消滅可能性都市の一つに挙げられました。

人口の減少と相まって生産年齢人口と年少人口が減少していくと、町としての活力を失い、産業の担い手不足、地域活動の低下、財政の悪化といった事態を引き起こすことになりかねません。

 

こうした事態を防ぐためにも人口減少の抑制と人口維持を目的とした生活環境の整備を目指し、3つの展望を「八百津町まち・ひと・しごと創生総合戦略」で示しています。

八百津町まち・ひと・しごと創生総合戦略
  • ともに働く環境を整備し、人口減少に歯止めをかける

高齢者の働く環境を整備することで、生産年齢人口の増加を目指し、町の持つ魅力にさらなる磨きをかけていく。新しい仕事、地域が求める仕事を創出しながら、次の世代へとつなげていく。

  •  人口減少に対応した若い世代の仕事・雇用、子育て、教育を支援する生活環境の整備

人口減少を克服し、将来にわたり安定した人口を維持していくため、社会移動(転入・転出)を均衡させるとともに、切れ目のない支援により、町民が安心して働き、若者が希望どおり結婚し、妊娠、出産、子育てができる社会環境を実現する。

  •   安全・安心な暮らしやすいまちづくり

人口減少・少子高齢社会を迎える中、活力あるまちであり続けるため、地域が直面する課題 を解決し、町民が将来にわたって安全・安心で、健康的に暮らしやすいまちを実現する。

全国の多くの自治体と同じく、人口減少と少子高齢化の課題を抱えている八百津町。清流と山に囲まれた、自然豊かな町です。消滅可能性都市の危機を脱却し、八百津町を後世に残していくためにも、皆さんの貴重な1票を投じてみてはいかかでしょうか。

八百津町議会議員選挙(八百津町議会選挙)|2019年の選挙日程や実施概要

八百津町議会議員選挙2019の選挙日程など、実施概要は以下の通りです。

投票日

  • 2019年8月25日

投票時間

  • 午前7時から午後8時まで

投票所

  • 投票所入場券記載の投票所(町内11箇所)
  • 投票所一覧はこちらからご確認ください

期日前投票の日程や時間・期日前投票場所

  • 期間:2019年8月21日~8月24日まで
  • 時間:午前8時30分~午後8時
  • 期日前投票場所:八百津町役場各出張所(錦津・和知・久田見・福地・潮南)

2019年8月25日投開票の選挙

八百津町議会議員選挙2019と同日(2019年8月25日)に投開票となる主な選挙は以下の通りです。

※は無投票

▼都道府県で探す▼

北海道

青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 | 新潟 | 長野

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 | 富山 | 石川 | 福井 | 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

島根 | 鳥取 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島

沖縄