歴代東京都知事のおもな著書など

元東京都知事の石原慎太郎氏や猪瀬直樹氏はじめ歴代都知事の著書を美濃部亮吉氏以後から抜粋してみました。

第6〜8代東京都知事美濃部亮吉氏が昭和10年に著した「独裁制下のドイツ経済」はデジタルライブラリーで閲覧することができるのですが、なんと序文は父の美濃部達吉氏で
〜本書の著者美濃部亮吉は、私の長子で、兼ねて経済学の専攻に志して居る者であるが、〜中略〜 本書の価値如何は門外漢たる私の判断し得るところではなく、江湖識者に待つの外は無いが、兎にも角にも本書の刊行に至っとことは父として云々〜と書いてあったり、第9〜12代の鈴木氏は地方自治の識者として辣腕をふるったことが伺えます。青島氏、石原氏、猪瀬氏は作家なのでたくさんの著書があります、絶版の本も含めなんとか入手可能なものも多いようです。
現職の舛添東京都知事も多数の著書があり、元イスラエル大統領シモン・ペレス氏の本も訳者として登場します。
カッパ舛添氏
「日本人とフランス人」心は左、財布は右の論理 カッパ・ブックス

以下 著書抜粋 リンク等

美濃部亮吉氏(第6、7、8代)
任期 1967年(S42)4月23日〜1979年(S54)4月22日 3期
・「独裁制下のドイツ経済」  1935年(S10)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280249 近代デジタルライブラリー
→※全部読めます
・「苦悶するデモクラシー」  1958年(S34)アマゾン古書
・「都知事12年」 1979年(S54) アマゾン古書

鈴木俊一氏 (第9、10、11、12代)
任期 1979年(S54)4月23日〜1995年(H7) 4月22日 4期
・「實例判例挿入地方自治法講義」 1947年(S22)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2530295 国会図書館
・「世界都市東京を語る」   1986年(S61) アマゾン
・「地球時代の首都経営」1994年(H6) アマゾン
・「官を生きる 鈴木俊一回顧録」1999年(H11) アマゾン

青島幸男氏 (第13代)
任期 1995年(H7) 4月23日〜1999年(H11)4月22日 1期
・「青島の意地悪議員日記」1969年(S44) アマゾン
・「だから巨人ファンはバカなのだ」1976年(S51) アマゾン
・「人間万事塞翁が丙午」1981年(S56) アマゾン
・「ドーンと都政じわじわ革命」1998年(H10) アマゾン
その他多数 ウィキペディア青島幸男著書

石原慎太郎氏(第14、15、16、17代)
任期 1999年(H11)4月23日〜2012年(H24)10月31日  4期
・「太陽の季節」1956年(S31)※芥川賞受賞 アマゾン
・「狂った果実」1956年(S31) アマゾン
・「スパルタ教育」1969年(S44) アマゾン
・「化石の森」1970年(S45) アマゾン
・「生還」1988年(S63)    kindle
・「弟」1996年(H8)  kindle
・「わが人生の時の人々」2005年(H17) アマゾン
その他多数 ウィキペディア 石原慎太郎著書

猪瀬直樹氏 (第18代)
任期 2012年(H24)12月18日〜2013年(H25)12月24日 1期
・「天皇の影法師」1983年(S58) アマゾン
・「昭和16年夏の敗戦 」1983年(S58) アマゾン
・「ミカドの肖像」1986年(S61) アマゾン
・「ニュースの考古学」1992年(H4) アマゾン
・「道路の権力 道路公団民営化の攻防1000日」2003年(H15) アマゾン
・「霞ヶ関「解体」戦争」2008年(H20) アマゾン
・「東京の副知事になってみたら」2010年(H22) アマゾン
・「さようならと言ってなかった わが愛 わが罪」2014年(H26) アマゾン
その他多数 ウィキペディア 猪瀬直樹著書

舛添要一氏 (第19代)
任期 2014年(H26)2月11日〜現職
・「日本人とフランス人」1982年(S57) アマゾン古書
・「民主主義の終わり」※訳書 1994年(H6) アマゾン
・「新しい戦争と日本の貢献」2002年(H14)  アマゾン
・「舛添メモ――厚労官僚との闘い752日」2009年(H21) アマゾン
・「憲法改正のオモテとウラ」2014年(H26) アマゾン
その他多数 ウィキペディア 舛添要一著書

平成11年あたりからの都知事選挙について並べてみました。

東京都知事選挙について1999年以降の候補者や票数などを並べてみました。

1999年の東京都知事選挙では石原慎太郎氏が1,664,558票で当選、このとき現東京知事の舛添要一氏も出馬、836,104票を獲得している。
当時再出馬すると思われていた青島幸男氏は不出馬、告示日間近に石原氏が出馬を表明したことにより保守系候補者の石原氏、鳩山氏、舛添氏、明石氏、柿澤氏の5名が争うこととなった。
順位は
石原慎太郎  166万票
はとやま邦夫   85万票
ますぞえ要一   84万票
明石康      69万票
三上満      66万票
柿沢こうじ    63万票  (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

2003年東京都知事選挙は現職石原知事の圧勝が予想されており前回19名の候補者から立候補者は5名へと激減した。そのなかでもドクター中松氏は立候補を果たしている。
石原慎太郎  309万票
樋口惠子           82万票       (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

2007年東京都知事選挙
この選挙では石原都知事による2016年夏季オリンピックの東京招致計画と招致反対をかかげる候補との間で争点のひとつとなった。また立候補者も14名と賑わいを取り戻した。
石原慎太郎  281万票
浅野史郎            169万票
吉田万三           63万票  (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

2011年東京都知事選挙
石原慎太郎  262万票
東国原英夫     169万票
渡邉美樹            101万票
小池晃      62万票 (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

2012年東京都知事選挙
現職石原都知事が第46回衆議院議員総選挙出馬のため任期途中で辞職、石原氏から後継者指名をうけた猪瀬直樹氏が400万票を超える得票で圧勝した選挙。松沢成文氏は62万票以上を獲得するも有効投票数の10%を下回ったため供託金は没収となった。
猪瀬直樹      434万票
宇都宮健児       97万票  (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

2014年東京都知事選挙
前職猪瀬直樹氏の知事選直前に医療法人徳洲会からの5000万円受領、返金した問題で2013年12月19日に辞職願を東京都議会議長へ提出、12月24日都議会本会議で辞職が同意されたことにより2014年2月9日、都知事選のみの単独選挙となった。
舛添要一    211万票
宇都宮健児     98万票
細川護熙            96万票
田母神俊雄   61万票 (供託金が戻ってきた候補者、一万票以下四捨五入)

 

photo: Takayuki Miki     https://www.flickr.com/photos/8305862@N07/