【インタビュー】大阪都構想の否決は日本全国のマイナス―佐々木信夫(中央大学教授)に聞いてみた。<第一弾>

13652084065_133eff7627_z

 

今年5月17日、1万票という僅差で「大阪都構想」が否決された。――投票から2ヶ月たった今、大阪都構想に賛意を示し、市の特別顧問として関わってきた佐々木信夫(中央大学教授)に、なぜ大阪都構想は否決されたのか聞いてみた。

※このインタビューは連載形式でお伝えいたします。次回は「地方議会の在り方」について。

 

=====

 

■ 大阪都構想の否決は大阪市、大阪府さらに日本全国にとってもマイナスな出来事だった。

5月17日、70万票対69万票、一万秒の差で反対票が上回りました。5年間準備をしてきた都構想が否決をされました。これは残念な結果だと思います。

一つは大阪市民、大阪府民にとって、政令指定都市、香川県についでせまいところで同じような行政をやっている場合ではないということです。昭和31年に 横浜、名古屋、京都、大阪、神戸ですが、大都市を経営するのに必要な権限を府県から移す、その制度をスタートさせたのが政令指定都市制度です。大阪市でいいますと、その後大阪市域は広がりまして地下鉄、道路、公共施設の整備もほぼ270万都市として完結をしています。

一方で、270万人の巨大な市について住民が参加する、住民の声が届くという仕組みにはなっておりませんので、これは東京の特別区のような新たな自治体を 大阪市域に5つ作りまして 40万から70万人の規模で政治がきっちりとできる 仕組みすなわち特別区制度を作ります。 広域権限は府県に戻して 1つの市長1つの議会で巨大な市を運営している手法を住民自治を充実させるために5つに分割、あらたな自治体をつくって政治や行政が基礎的な自治により行われるようにするという制度設計が 大阪都構想の1つの構想だったと思われます。

もう一つは大阪の外から見まして主に1970年の 万博以降ずっと経済が衰退。右肩下がりしていると言う大阪が続いておりまして、 これが反面として東京の一極集中を呼び込んでいます。 明治時代より西日本の拠点を復活させないとこの国はおかしくなります。 東京はたかだか全国の3.6%のところに3,500万人が住んでいる、集中している東京圏一極集中というのが色んな意味でリスクを追っています。住んでいる人も決して幸せと思って住んでいるわけではない。結果として大阪を強くしないとこの問題は解決しません。この大都市間をリニアモーターカーでつなぐということにもなっています。これを2都構想と読んでいますが 大阪と東京が同じレベルで発展していくということが21世紀の人口が減って行く社会の一つのあり方かなと思いましたが、残念ながら住民投票という大都市の制度について、どこまで理解をして投票して頂いたかわからないのですが、大都市の制度について住民の一票で決めるということで、結果においては一万票と誤差の範囲ではなると思いますが、一票でも多い方に従うという法律の主旨にしたがって今回大阪都構想は否決されました。 これは大阪市大阪府にとってもマイナスだと思いますし、 日本全国にとってもマイナスの出来事だったと思います。

続きを読む 【インタビュー】大阪都構想の否決は日本全国のマイナス―佐々木信夫(中央大学教授)に聞いてみた。<第一弾>

7月19日 仙北市『ドローン特区』にてドローンの飛行デモが行われました。

さる7月19日、仙北市『ドローン特区』にてドローンの近未来技術実証特区検討会が開催されました。
千葉大学特別教授 野波健蔵氏による無人飛行技術のデモンストレーション飛行の様子です。
平将明(内閣府副大臣)、小泉進次郎(内閣府大臣政務官)、門脇光浩(仙北市長)、御法川信英(衆議院議員)、中泉松司(参議院議員)、青柳宗五郎(仙北市議会議長)ほか大勢の人々が見守る中、田沢湖スキー場駐車場(標高600m)よりコンピューターによる自立飛行でスタートした全天候型ドローン(MS−6LA量産型、バッテリー以外は純国産)は往復2キロ(高低差200m)のコースを飛んで無事帰還します。
当日は濃霧で田沢湖や秋田駒ケ岳ほか風景はまったく見えませんでしたが、飛行状態を確認できるX-Moniter(エックスモニター)により飛行経路を常時確認することができました。
音がしたかと思うといきなり濃霧の中から出現するドローンは圧巻です。

国家戦略特区の動きは、地方議会関係者にとっても要注目です。『地方議会ニュース』では、仙北ドローン特区をはじめ、最新の動きを引き続きお伝えしていく予定です。
(全編後日UP予定)

【関連情報】

先日開催された国家戦略特区シンポジウムの書き起こし記事ならびに動画をこちらからご覧いただくこと可能です。

http://gikainews.jp/243

兵庫県議会の実態を暴く!読売テレビ渾身の報道

今月6日、読売テレビにて地方議会を扱う特集が報道された。現在の地方議会の問題・実態をあぶり出すとてもわかりやすい内容だった。今年春の東京都千代田区議会議員選挙にて議会のあり方を根本から見直そうと訴えた「土日夜間議会改革」も取り上げられている。

以下内容一部抜粋
===

条例案や予算案を審議し重要事項を決定する議会、責任の重さに比例してその作り(兵庫県庁舎)も重厚だ!
80人をこす県議会議員、だが記録が残る1959年以降、知事側からの提案を修正や否決したものは無し、また議員は自主的に地域や住民の暮らしに直接かかわる政策などの条例をつくることができるが、兵庫県議による政策条例も56年間の間実質はゼロ。
「市民オンブズマン兵庫」の兵庫県議の一般質問や討論の回数調査によると、2011年6月からのおよそ4年間で本会議の発言がない議員は9人。地方自治に詳しい神戸学院大学上脇教授によると(採決の際の)「起立要員」と言うらしい。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

全編はこちら

【ゲキ追!うたた寝?発言なし?地方議会の意義を問う!】
(「真相究明ゲキ追」~7月6日放送)

あの号泣会見から1年。相次ぐ地方議員の不祥事。地方議会は機能しているのか?_有権者からの信頼にこたえるためには?『あるべき姿』をゲキ追しました。
http://www.ytv.co.jp/ten/sp/

※「土日夜間議会改革」が取り上げられている箇所のみの動画はこちらになります。

 

(地方議会ニュース 編集部)

――地方議会のニュースをわかりやすく『地方議会ニュース』

国家戦略特区シンポジウム(6月26日)まとめ

これまで連載でお伝えしてきました「国家戦略特区シンポジウム」(6月26日)の全編動画を公開させて頂きます。

それに加え、本シンポジウムの書き起こし原稿の一覧を全編動画の下にまとめましたので、皆様のご興味あるところを適宜ご覧いただけましたらとおもいます。

=========

 

【国家戦略特区シンポジウム動画<全編>】

 

【国家戦略特区シンポジウム(6月26日)まとめ】

<石破大臣挨拶ほか>
その1: 地方行政・地方議会関係者必見!「地方が本気になって提案してきてほしい

http://gikainews.jp/107

<第一部>
その2: 国家戦略特区とは何か?規制改革と経済成長の関係?
http://gikainews.jp/143
その3: 「福岡市グローバル創業・雇用創出特区」
http://gikainews.jp/154
その4: 「特区は突破口!!」
http://gikainews.jp/160

<第二部>
(番外・動画のみ)
http://gikainews.jp/199

<第三部>
その5: 養父市の国家戦略特区/これまでの困難と今後の展望
http://gikainews.jp/186
その6: 仙北市長の語る特区の可能性「僕らはワクワクしているんです!」
http://gikainews.jp/214
その7: シニア×ドローン
http://gikainews.jp/226

(地方議会ニュース 編集部)

――地方議会のニュースをわかりやすく『地方議会ニュース』

 

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その7 シニア×ドローン 「一番重要なのは受け入れていただく土台があるかどうか」<鯉渕 美穂(MIKAWAYA21代表取締役社長)>

スクリーンショット 2015-07-02 16.54.07

 

前回(その6)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

 

===========

【竹中平蔵(国家戦略特区諮問会議有識者議員)】

 

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.11

 

大都市を中心とする特区から地方創生特区、近未来技術実証特区まで広がりました。年末に向けて次の特区指定も更にやりたいと話もありました。どういうためにこの特区をつくろうと思ったのか、またなぜ鯉渕さんをお呼び頂いたのかご説明頂ければと思います。

続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その7 シニア×ドローン 「一番重要なのは受け入れていただく土台があるかどうか」<鯉渕 美穂(MIKAWAYA21代表取締役社長)>

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その6 仙北市長の語る特区の可能性 「僕らはワクワクしているんです!」 <門脇 光浩(仙北市長)>

スクリーンショット 2015-07-02 16.53.49

 

前回(その5)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

 

===========

 

【竹中平蔵(国家戦略特区諮問会議有識者議員)】

 

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.11

国家戦略特区とは、主として最初は、東京を中心とする地域、関西圏、福岡市から始まったわけですが、そこに養父市が入っており、地方創生特区という言葉が生まれるようになりました。そしてそれに加え、近未来技術実証特区という概念が加わりました。

養父市の話はその近未来技術実証特区と地方創生特区が重なりあうようなところの特区と言えますが、それに似たような形のものが仙北市の特区であります。門脇市長どうぞ。

  続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その6 仙北市長の語る特区の可能性 「僕らはワクワクしているんです!」 <門脇 光浩(仙北市長)>

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日) 国家戦略特区3分プレゼンコーナー!!

連日お伝えしております国家戦略特区シンポジウム(6月26日)の様子につき、当日以下自治体の首長からそれぞれの進捗状況について3分間ずつプレゼンテーションがありましたので、動画でお伝えいたします。

・篠田 昭(新潟市長)
・井戸 敏三(兵庫県知事)
・前田 信弘(東京都副知事)
・小泉 一成(成田市長)
・黒岩 祐治(神奈川県知事)

===========

【篠田 昭(新潟市長)】

 

続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日) 国家戦略特区3分プレゼンコーナー!!

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その5 養父市の国家戦略特区 これまでの困難と今後の展望 <広瀬栄(養父市長)>

スクリーンショット 2015-07-02 16.53.33

 

前回(その4)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

 

===========

【竹中平蔵(国家戦略特区諮問会議有識者議員)】

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.11

 

みなさん、こんばんは。だいぶ色々なお話をお聞きしてお疲れかと思いますが、そうそうたるメンバーが集まっていますので、特区の問題、とりわけ地方創生と結びつけた議論をさせて頂いて皆さんにぜひ役立つようなセッションに出来ればとおもいます。

 

 

今までの中でいろんな議論がありましたが、私なりに整理させて頂くと、このような感じです。国家戦略特区というのは、区域会議が作られていますが、区域会議というのは政府に要求するだけの機関ではなく、それぞれ「ミニ独立政府」であります。しかし、「ミニ独立政府」で色々話し合っても、解決できない話があり、それを政府主導で導くため、総理をチェアマンとする特区諮問会議があります。そして、そのもとにワーキング・グループを設置し、日常的に関係省庁と折衝をしています。ですので、区域会議が非常に重要な役割を持っていることになります

 

 

安倍総理も繰り返し「民間の出番、民間の出番」という言葉を使ってらっしゃいます。このことは、取りも直さずいろんな仕組みを作り、規制改革メニューをつくりましたが、これからは、それをどう使い、どう成果を出すかということが問われている段階なのだろうということです。

そういう意味では地方の首長さんにぜひ頑張っていただきたいし、そこに参加する企業の皆さんに斬新なアイディアを出していただきたいし、それに対し私達政府の側も頑張って答えを出していく、そのような良い循環を作れるかどうかが問われているのです。

そういう意味で、このセッションで議論したいことは3つあります。

この地方創生で新しい立役者となろうとしている方々がここにお見えですけど、①特区を使って何を実現したいのか?、②そのために超えなければいけない壁は何なのか?、③地方創生のために広くみなさんに国に地方に呼びかけたいことは何なのか?を集中して議論したいと考えています。

パネリストの中で何も打ち合わせをしておりませんので、忌憚のない意見、様々な問題提起をして頂きたいと思います。

 

【広瀬栄 養父市市長】

スクリーンショット 2015-07-02 16.59.25

養父市の国家戦略特区は地方創生特区でもあります。養父市は、人口がどんどん減少していますが、それにどう歯止めをかけるかということが課題とされています。私の思いとしましては養父市は、「もう失うものもないくらい」の所であります。だから、思い切ったことに挑戦しようとし、それが国家戦略特区で(提案したこと)でありました。

続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その5 養父市の国家戦略特区 これまでの困難と今後の展望 <広瀬栄(養父市長)>

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その4 特区は突破口!! <スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)>

スクリーンショット 2015-07-02 17.04.49

 

前回(その3)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

===========

【平 将明(内閣府副大臣)】

それではスプツニ子さん、特区というのはいままで我々がなかなか出来なかったことを場所を限定して規制改革しようということなのでグローバルに活躍されていますし、ワクワク感も含めて今の話もふくめて感想を聞かせてください。

 

【スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)】

ワクワク感でゆくと特区は突破口という役割になります。それでいくと高島市長のイケイケっぷりが頼もしいです。今MITメディアラボでアート作品とか作って未来を妄想しているところにいるのですがみんなで言っていることで、「100の未来を想像してそのうち10が叶うのならもっと大きく行ったほうがよい」と話をしています。(高島市長のような)ガンガンイケイケっぷりで行くのは大事だと思います。

続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その4 特区は突破口!! <スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)>

【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その3 「福岡市グローバル創業・雇用創出特区」について <高島宗一郎(福岡市長)>

スクリーンショット 2015-07-02 17.04.12

前回(その2)に引き続き、先日(6月26日)に行われた「国家戦略特区シンポジウム」(主催:内閣府地方創生推進)の様子を書き起こし形式でお伝えいたします。

===========

・雇用創出特区

・エリアマネジメント

・航空法高さ制限の特例承認

・創業支援特区

他、当日の動画と資料です。

【動画】

https://youtu.be/iONos40JK-4

【資料】

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_fukuoka.pdf

 

===========

【平 将明(内閣府副大臣)】

実際に特区に指定されている福岡市の高島市長がいらっしゃっていますので、特区の概要やその効果をコンパクトにお話ください。

 

【髙島 宗一郎(福岡市長)】

プレゼン資料を持ってきました。

実際に現場ではどういったことが起きていたのかということをお話したいと思います。

特区指定から一年経ちました。岩盤規制というのもいろいろなものがありました。

続きを読む 【連載】国家戦略特区シンポジウム(6月26日)その3 「福岡市グローバル創業・雇用創出特区」について <高島宗一郎(福岡市長)>