インバウンドとシェアリングエコノミー

7372731082_55bbf954c3_z
諸外国では広くみられる、空室を利用した宿泊需要への対応、自家用車を利用した交通需要への対応など、日本国内でも急速に認知度が高まりつつあります。

安倍内閣でもインバウンド観光拡大への対応のため、これらに関わる規制制約を取り除く議論が始まりました。

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201510/20senryaku_tokku.html

今回はシェアリングエコノミーの最先端で事業を展開しているUBER Japanの高橋正巳社長をはじめ、政府での規制緩和の動きなどに最も深く関わっている方々をお招きし、今後の展望とさらなる可能性を探ります。

シェアリングエコノミーの現状と規制緩和による将来が一望できる内容です。

 スライド1
(地方議会ニュース 編集部)

――地方議会のニュースをわかりやすく『地方議会ニュース』

Photo : https://www.flickr.com/photos/35448539@N00/7372731082/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です