劇場型市長の時代は終わったか?!(地方議会ニュース解説委員 山本洋一)

4018275312_a3d657fe56_z

 

■ また一人劇場型市長が政界を去る~山中光茂(三重県松坂市長)の辞職

三重県松阪市の山中光茂市長が13日、市議会議長に辞職願を提出した。市立図書館の改修を巡り、議会と激しく対立。事態の打開に向け市長の支持グループが議会の解散請求(リコ-ル)運動に打って出たが、この日、リコールの不成立が判明し、辞職を決断した。大阪市の橋下徹市長に続き、また一人、劇場型市長が政界を去る。

 

「今の議会の体制が変わらなければ行政執行はできない」。山中市長は辞職願の提出後、記者会見でこう述べた。このまま市長とオール野党状態である議会との対立が続けば行政の停滞が避けられない、というわけだ。

 

就任時から対立の芽はあった。山中氏は民主党県議だった2009年、党の説得を振り払って市長選に出馬。勢力を伸ばしつつあったみんなの党の渡辺喜美代表(当時)の支援を受け、自民、民主相乗りの現職を破って初当選を果たした。

 

当選時は33歳で、市長としては全国最年少。就任後は市役所に「借金時計」を設置するなど常識にとらわれない発想で改革案を続々と実行し、キャバクラの凄腕スカウトマンだったその経歴や「ヒゲ面」と合わせて全国的に注目を集めるようになった。

 

ただ、「ブランド牛」で全国的に名が知られているとはいえ、三重県中部に位置する人口16万人あまりの小さな市。市長が注目を集めれば集めるほど、保守系議員の反発を買ったのは想像に難くない。

極めつけは市立図書館の改修計画だった。山中氏は当時、全国的にも話題となった佐賀県武雄市の「TSUTAYA方式」に着目。武雄市の樋渡啓祐市長(当時)に接近し、図書館の運営を民間に丸ごと委託する改革案を構想した。

 

 

しかし、一部市民の反発を受け、ここぞとばかりに議会が反対。市長は代替案として隣接する公園と一体的に回収して民間に委託するPFI方式を示したが、この妥協案にも議会は反対した。

 

市長は昨年12月、関連予算案が二度にわたって否決されたことを受け、辞意を表明。出直し選をちらつかせて議会側をけん制したが、状況は変わらなかった。そこで今年3月に再び辞職を表明。市長の支持グループが議会の解散に向けた署名集めを始めた。

 

リコールの是非を問う住民投票の実現に必要な署名数は有権者の3分の1である4万5042。市民団体は4万7786人分の署名を提出したが、選挙管理委員会は13日、有効署名数は4万664人分だったと発表した。

 

これによりリコールの不成立が確定。山中市長は9月30日付で辞職することを表明した。政治家自体も引退する意向だという。

 

■ 劇場型首長、個性派首長時代終焉の背景?

これまで全国的に注目を集めた首長の多くは国会議員やタレント出身であり、県議を2年務めただけの山中氏の活躍は異例とも言える。無名ながら奇抜な改革案によって注目されたという点ではTSUTAYA方式の生みの親である、総務官僚出身の樋渡氏に近い。

 

しかし、その樋渡氏も佐賀県知事への転身を図ったが、農協といった既得権益団体や保守層の壁に阻まれ大敗を喫した。タレント出身ではあるが、大阪の大改革を打ち出した橋下市長も都構想の住民投票で敗れ、今年いっぱいで政治家を引退する。

 

「減税日本」という地域政党を立ち上げ、愛知・名古屋の政界をかき乱した河村たかし名古屋市長も当時の勢いはない。劇場型首長、個性派首長の時代は終わったようにも見える。

 

背景にあるのは国政の安定であろう。山中氏が市長に就任した2009年1月は民主党が政権交代を果たした直後。「自民党型政治」の限界が語られ、日本の政治史に新たなページが加わろうとしていた時だ。既存の常識にとらわれない、新しい政治家像が期待されていた。

 

しかし、鳩山政権が米軍普天間基地の移設を巡って迷走。2011年の東日本大震災では原発事故を巡って菅政権が稚拙な対応を露呈させ、民主党の政権担当能力に疑問符がつくようになった。そして2012年に再び政権が自民党へ。民主党政権に懲りた有権者の多くが自民党の「安定性」を志向し、今も政党支持率で断トツトップを走っている。

 

政権が安定し、株価が回復し、景気が回復しつつあるように見える今、有権者は地方政治においても改革より安定を志向し始めている。病気の症状が落ち着き、より効能(及び副作用)の少ない薬に変えるというのにも似ている。その結果が劇場型首長の相次ぐ退場につながっているのだろう。

 

しかし、この政治の安定もいつまで続くかはわからない。安全保障法案の国会審議や原発再稼働を巡り、有権者の安倍政権を見る目はどんどん厳しくなっている。劇場型首長の時代はいったん役目を終えつつあるが、遠からず有権者が再び「劇薬」を求める時がくるのではないか。

 

(地方議会ニュース解説委員 山本洋一)

Photo :https://www.flickr.com/photos/21644167@N04/4018275312/

――地方議会のニュースをわかりやすく『地方議会ニュース』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です